ホーム  >  製品情報  >  CIP成形機(冷間等方圧プレス)セラミックス粉末成形用

6000Nラック式ハンドプレスCIP成形機(冷間等方圧プレス)セラミックス粉末成形用

簡易型小型CIP 研究開発用ラボCIP

冷間等方圧プレス機 (CIP成形機)
セラミックス粉末成形の研究開発・少量生産用に最適
小型で使いやすいCIP成形機(冷間等方圧プレス機)です。CIPは金属との摩擦がなく、かつ等方的に圧力が作用するために、密度が均一で方向性の少ない成形体が得られます。セラミックス粉末の高密度均質成形に最適な粉末成形機シリーズです。
  • 電動ポンプタイプ昇圧時間は、わずか15~20秒/200MPa(CPA50-200)。
  • 使用流体:清水の使用によりクリーンな取り出しを実現。
  • 高性能油圧ポンプの採用によりスムーズな昇圧。
  • 仮成形体を真空パック後、圧力容器へ投入し等方加圧成形。
  • 高性能手動減圧操作弁の減圧により、スプリングバックを緩和。
  • 圧力容器:標準φ50、φ80mm(圧力200MPa)。
冷間等方圧プレス機(CIP成形機)

圧力容器の上部は、蓋がスウィングしますので、試料の出し入れが容易です。

CIP(冷間等方圧プレス)とは?

「CIP」とは英語のCold Isostatic Pressing(冷間等方圧加工法)の頭文を取ったもので、ラバープレスとも呼ばれる材料の加工方法のひとつです。粉末材料をゴム袋のような変形抵抗の少ない成形モールドの中に密封して液圧を加えると、成形体表面は一様にその液圧に等しい加圧力を受けて、方向性なく圧縮成形されます。粉末を金型を利用して加圧する方法では、どうしても成形体内部に不均一な密度分布が発生しますが、CIPは成形体密度を均質化するために有効な加工法で、一軸プレスや機械プレスでは圧縮できない複雑な形状も成形可能で、均一で高密度な配向性のない成形体が得られます。
冷間等方圧プレス(CIP)とは

上下からの圧力のみとなるので、成形体内部で不均一な密度分布が発生する。

冷間等方圧プレス(CIP)とは

水に圧力をかけることによって、パスカルの原理で成形体表面全てに等方圧がかかるため、均一な密度分布になる。

CIPの使用手順

CIP使用手順
ラインナップ
NTウェーブCIP
NTウェーブCIP
容器内径φ80mm、成形圧力300MPa
半自動CIP
半自動CIP
容器内径φ150mm、成形圧力150MPa
寸法図
冷間等方圧プレス機寸法図
仕様
形式駆動タイプ容器内径
(mm)
有効深さ
(mm)
最高使用圧力ABC
CPA50-200電動φ501002005604601065
CPA50-300電動φ501003006005001245
LCP80-200A電動φ801202009306001365

6000Nラック式ハンドプレス超小型卓上CIP

低価格セラミックス粉末成形用卓上CIP(冷間等方圧プレス機)

冷間等方圧プレス機
  • 容器内径φ25〜φ46mm、成形圧力100〜300MPa。
  • 設置スペースが小さく、持ち運びが容易。
  • 高性能手動油圧ポンプ採用でスムーズな加圧。
  • 高性能減圧弁により、減圧速度を調整可能。
  • 電動ポンプ式での製作可能(楽々昇圧)。
  • 最高使用圧力300MPaまで4種類の容器径をご用意。
仕様
冷間等方圧プレス機
形式容器内径
(mm)
有効深さ
(mm)
最高使用圧力
(MPa)
CPP25-200φ25120200
CPP28-300φ28120300
CPP35-200φ35120200
CPP46-100φ46120100
小型卓上CIP 操作動画(参考) >>操作動画一覧へ戻る

6000Nラック式ハンドプレス真空パック装置

粉末原料・各種部品・食品などの用途

冷間等方圧プレス機
  • 防水・防塵・防菌・酸化防止に最適。
  • 真空度、真空/シール/減圧時間を自由にプログラム設定。
  • ワンタッチ操作で自動運転。
  • パック作業を確認できる透明チャンバーを採用。
  • 見やすいデジタル表示。
仕様
チャンバー内寸法(幅×奥行×高/mm)255×320×100
チャンバー容量(リットル)7
シール有効寸法(mm)220
最大包装材寸法(横×縦/mm)200x320
電源(Hz)AC100V(50/60)
外形寸法(幅×奥行×高/mm)318x478x375
質量(kg)32

ページトップへ